• 会社概要
  • 電話番号
  • 公式通販サイト マイレットショップ
備えていますか?

マイレットシリーズで使用している抗菌性凝固剤は、
皮膚刺激性試験、経口毒性試験、抗菌性試験、長期安定性試験といった各種試験を行い、安全性を確認しています。

避難場所等での恐怖! 「排泄物からの感染症」

災害時に緊急避難場所に指定されている学校や公民館などには、緊急時に多くの人が集まってきます。そして、震災時には水が使えない場合が多く、水洗トイレは使えないことがあります。
その際には、災害用組立簡易トイレや、携帯簡易トイレが活躍するのですが、大きな問題となるのが「感染症の発症」なのです。食中毒などの感染症の原因菌となる大腸菌、アンモニア産生菌、カンジタ菌、サルモネラ菌およびブドウ状球菌といった雑菌類は排泄物の中で繁殖します。




汚物をすばやく凝固!臭いもシャットアウト!

抗菌性凝固剤は、汚物や排泄物に振り掛けるだけで液体に反応し、すばやく固めます。凝固時にアンモニア等の臭気を閉じ込めてしまいますので、嫌な臭いが広がりません。

[測定方法]
1. 20Lの広口ポリタンクにガス注入口を設け、約50ppmのガス濃度になるように注射器でアンモニアガスを注入してポリタンク内にガスを拡散させる。
2. ガス検知器(北川式)にセットしたガス検知管(NH3、0.2~20ppm)でポリタンクのガス採取孔より50ml吸引してガス濃度を測り、約50ppmであることをチェックする。
3. 次に、90mmφシャーレにマイレット10gを入れ均一に拡げる。
4. このマイレットの入ったシャーレをポリタンクの広口からポリタンクの中央部に素速く静かに入れ密閉にして、すぐにガス検知管でガス濃度を測る。
5. その後所定の時間放置後に同じくガス検知管でガス濃度を測って、濃度の減少状態を調べる。
6. 同時に、マイレットを入れないシャーレで同じように測定してブランクの値とする。

後処理が簡単!焼却時の有害ガスの発生もありません。

非常時やアウトドアなどで簡易トイレを使用した後に問題になるのが、汚物の後処理です。マイレットminiシリーズの抗菌性凝固剤は、燃焼時にダイオキシンなどの有害なガスの発生がありませんので、凝固後の後処理は、可燃ごみとして処理できます。
※処理については各自治体の条例に従って下さい。

いつ起こるかわからない災害でも安心!長期約10年保存が可能

災害はこれから何年後に起こるかわかりません。いざ備蓄品を使用する時に、使用期限が切れていた!といったことがないよう、長期保存が可能なものを用意したいですね。マイレットなら約10年の長期保存ができて安心です。

単位(ml/g)

10年以上の実績「納入実績」はコチラ

マイレット導入資料
マイレット商品一覧 備蓄シミュレーション
防災備蓄に関するご相談を承ります!

マイレット商品に関するご相談を承っております。
ご相談はお気軽に。お待ちしております。
※マイレット商品のパンフレットはこちらからダウンロードできます。