災害のときトイレの実態。トイレ問題について解説

災害時のトイレ問題とは?
実はアンケートで災害時困ったことランキング1位なんです

災害が起きた瞬間は命を守ることを優先しなければいけませんが、その後の生活ではトイレ問題が重要です。水や食糧の問題のほうが深刻だと思うかもしれませんが、実際に大きな災害に遭った人を対象として災害時に困ったことのアンケートを集計すると、ランキング1位が災害時のトイレ問題でした。

平成30年7月豪雨に関するアンケート調査
(https://www.prdesse.com/posts/view/16955)

なぜ、それほどまでに災害時のトイレ問題を真剣に考えなければいけないのかというと、食事は少なかったり回数を減らしても気力で我慢する事ができます。しかし、排泄は、大便・小便どちらにしても限界が存在します。どれほど我慢しても、最終的には排泄は避けることが出来ません。しかも、排泄物というのは悪臭を放ちますし不衛生な代物です。日常であれば、トイレで用を済ませてレバーやボタンを操作すれば、排泄物は流れてみえなくなります。しかし、災害時は水道管に問題があったり、マンションやビルでは停電が起きれば水は流れません。

たとえ、家の近所にある避難所で過ごすとしても、同様に水道が使えるかはわかりませんし、大勢の人が避難していれば混雑するでしょう。

なので、基本的に災害時にはトイレが使えないという前提でいたほうがいいでしょう。では。災害時のトイレ問題はどうするべきかというと、解決するグッズが販売されています。それを備蓄しておけば、いざという時に助かります。

法人様のトイレ備蓄のお問い合わせ、
仕入れの相談・お見積もりは
コチラのフォームからお気軽に連絡ください。

個人のお客様はマイレットショップをご利用ください。

災害時のトイレ、どうする?
まずは携帯トイレを購入することからはじめましょう

災害時に困るトイレ問題を解決するためには、日頃から携帯トイレを用意しておくことが一番の解決方法です。携帯トイレというのは断水などで使えないトイレの便器に設置する使い捨ての袋と排泄物を固める凝固剤のことです。使い捨ての袋の中に排泄をすれば便器が汚れることはなく、水がなくても処理が出来ます。ただ、排泄物を入れたあとに何かに引っ掛けて袋が破けてしまうと、中身が漏れ出る恐れがあります。そこで水分に反応して凝固する薬剤を入れておくことが一般的です。

携帯トイレは使わないときは袋を畳んで収納しておけばいいので、場所を取ることはありません。

人が1日にトイレに行く平均回数は5回です。この回数に人数と使う日数をかけた分だけ用意する必要があります。日数については、まずは3日分、可能なら1週間以上は備えたほうがよいです。

法人様のトイレ備蓄のお問い合わせ、
仕入れの相談・お見積もりは
コチラのフォームからお気軽に連絡ください。

個人のお客様はマイレットショップをご利用ください。

災害時のトイレ種類は、断水直後の携帯トイレ、避難所での仮設トイレに分けられる

災害時に使えるトイレは、断水直後に使える携帯トイレか、避難所での仮設トイレが選択肢になります。携帯トイレを購入しておけば、ひとまずはトイレの心配をせずに済みます。でも、非常時は緊張により、頻繁に便意を催すこともあります。そのために、想定していたよりも早くに携帯トイレがなくなってしまう可能性も否定できません。

避難所の仮設トイレの方は、屋外でも簡単に設置できる組み立て式のトイレですが、実際に設置されるまでに時間がかかることもあります。また、洋式便器ではなく和式便器が設置されているときには、足腰が弱い方や障がいを持っている方は利用しにくいということも問題です。過去に起きた震災では東北地方の冬は気温が著しく下がるため、屋外に設置されたトイレに行くことが難しくなったという事例もあります。あと、仮設トイレで排泄されたものは、バキュームカーで汲み取らなければ限界に達します。もし、十分な数のバキュームカーを用意できなければ仮設トイレが使えなくなる恐れがあります。

携帯トイレにしても仮設トイレにしても、ある程度は災害時のトイレを問題を解決できますが、欠点もあることを理解しておくべきです。万全を期したいのであれば、携帯トイレの備蓄を増やしておくといった備えが必要です。

法人様のトイレ備蓄のお問い合わせ、
仕入れの相談・お見積もりは
コチラのフォームからお気軽に連絡ください。

個人のお客様はマイレットショップをご利用ください。

マンホールトイレは下水道が正常である前提のため使えるかどうか分からない

災害時で使えるトイレの中には、マンホールトイレというものがあります。これは避難場所の近くにあるマンホールの真上に仮設トイレを設置したり、下水管に排水管を接続した仮設トイレを並べていくやり方です。排泄物はそのまま下水管に流されるので、バキュームカーでの汲み取りは必要なくなります。簡単に設置することができ、水を節約できることから災害時でも使いやすいトイレです。人々が近い距離で過ごす避難生活では、いかに衛生的に暮らせるかが重要です。マンホールトイレは、大勢の人が出した排泄物を手軽に処理できる仕組みがあり、衛生面で非常に優れています。

しかしながら、このマンホールトイレが使えるのは、下水道が平常時と同じく正常に流れているということを前提としています。もし、地震で下水道に大きなダメージが及んでいたときには、マンホールトイレで流した排泄物が、途中で漏れ出てしまいます。災害が起きてから時間が経過していないときでは、地中の様子まで正確に調べることは難しいので本当に使えるのかは判断が難しいところです。下水道に何らかの問題が起きているときのことを想定して、マンホールトイレには排泄物を常に下水道に流すのではなく貯め込んで必要な時に汲み取りができる仕組みのものもあります。

携帯トイレの中でも性能が優れたものを選ぼう

災害時のことを考えると携帯トイレの備蓄は避けて通ることが出来ません。購入をするときには、様々な製品があるなかで、使い勝手の良いものを選ぶ必要があります。携帯トイレにおける使い勝手の良さというと、袋であることはどこの製品でも同じですから、違いが出てくるとすれば凝固剤です。凝固剤は排泄が終わった後に粉末を入れるものもあればシートを入れておくものもあります。シートタイプは最初から設置されているところに用を足すだけですから簡単ですが、量が多いと吸収しきれません。確実に水分を固めたいならば粉末の凝固剤のほうが最適です。

また、災害時は排泄物を入れた袋を何日間保管するのかはわかりません。道路が復旧しなければ、ゴミの回収もできないので長期間の保管をすることもあります。優れた性能の携帯トイレであることが理想的です。

災害用トイレ処理セット「マイレット」のご紹介

備蓄に最適

職場やご自宅の備えにおすすめのマイレット定番品をご紹介します。

mini-10

トイレ処理セット10回分
商品詳細ページはコチラから

S-100

トイレ処理セット100回分
商品詳細ページはコチラから

S-500

トイレ処理セット500回分
商品詳細ページはコチラから

P-300

トイレ処理セット5回分×60個
商品詳細ページはコチラ

持ち運びに最適

持ち出し袋やレジャーのお供におすすめのマイレット携帯トイレをご紹介します。

mini-1

トイレ処理セット1回分
商品詳細ページはコチラ

mini-2

トイレ処理セット2回分
商品詳細ページはコチラ

お問い合わせ・お見積もり・ご購入について

法人様のお問い合わせ・仕入れのご相談・お見積もりは「マイレット公式サイト お見積もり・お問い合わせ」フォームからお気軽に連絡ください。

個人のお客様の商品ご購入、お問い合わせはマイレットショップをご利用ください。

この記事をシェアする

帳票類電子化についてお知らせ

2021年9月吉日

お取引先各位

まいにち株式会社
マイレット事業部

帳票類電子化についてのお知らせ

拝啓 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

先日来、弊社よりお知らせさせていただきました帳票類電子化について、いよいよ10月より実施となりましたので改めてご報告させていただきます。

これまで帳票類においては書面にてお手続きをさせていただいておりましたが、この度「新管理システム導入」によるデジタル化を促進する為、電子メールによるお手続きに変更させていただく運びとなりました。

概要】

「発注書」
 変更前:FAXにてご注文
 変更後:受注用アドレス宛電子メールにてご注文

「納品書」
 変更前:FAX及び郵送
 変更後:電子メールにて送信

「請求書」
 変更前:郵送
 変更後:電子メールにて送信

上記により、お取引先様におかれましても、納品内容のお知らせやご請求金額のご案内が従来よりも早く確実にお届けが可能になります。

つきましては、電子メール環境を整えさせていただく為にお届けに必要な貴社ご担当者様の電子メールご登録をお願い致したく、まだお済みでないお取引先様には別紙の手順に沿ってご登録いただけますと幸いです。
前回のご連絡で既にご登録いただいておりますお取引先様には、重ねてのご連絡となります事ご容赦願います。

お取引先様には誠に勝手なお願いではございますが、ご理解・ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

敬具

別紙(登録フォームの入力方法)は
こちらをクリックください

この記事をシェアする

雪による車の立ち往生・車両滞留時に使える簡易トイレ

毎年冬のシーズンになると耳にする大雪のニュース。雪道のせいで車が立ち往生し、長時間車内で待機しなくてはならなくなった話もよくあります。
そんな過酷な環境下で車が立ち往生してしまった場合、一番困るのがトイレ問題。車内で過ごすことになった時にトイレがない場合や、トイレがあったとしても水道管の凍結などでトイレが使用できない場合など。豪雪地ではこのトイレ問題についてしっかり備えをしておく必要があります。ここでは、車が立ち往生してしまった際のトイレについてお話しします。

雪による立ち往生で起こる問題とは

雪道で車が立ち往生してしまう原因には、除雪が間に合わないことによる車線減少や、大雪の影響でタイヤが動かず追突事故、スタックなどが挙げられます。
これらが原因で車が動かなくなったとき、その後ろの車も動くことができず、多くの車が長時間立ち往生してしまうことになります。

過去に発生した立ち往生による車両滞留

E17関越自動車道(新潟県)における大雪に伴う車両滞留(令和2年)

  • 2020年12月16日~12月19日
  • E17関越道において、大型車のスタック等を契機に、約2,100台の滞留が発生。
  • 自衛隊や警察等の協力による物資配布、中央分離帯開口部や渋滞後尾からのUターン等による車両救出を実施。

E8北陸自動車道(福井県)における大雪に伴う車両滞留 (令和3年)

  • 2021年1月9日~1月12日
  • E8北陸道において、大型車のスタック等を契機に、約1,600台の滞留が発生。
  • 災害対策基本法に基づく区間指定を行い、警察、自衛隊、福井県の協力による物資配布、渋滞後尾からのUターン等による車両救出及び除雪作業を実施。
  • 滞留解消までに長時間を要する見込みとなったことから、県や観光・運輸部局と連携して、一時避難希望者(23名)に対して、ホテルや宿泊所の提供を実施。

国道8号(福井県)における大雪に伴う渋滞 (令和3年)

  • 2021年1月7日~1月11日
  • 北陸自動車道(武生IC~加賀IC)の通行止めにより、並行する国道8号に交通が集中し、渋滞やスタック車両を起因とする滞留車両が発生。
  • 緊急車両等の通行に支障をきたす恐れが高まったことから、災対法に基づく区間指定(延長39km)を行い、警察と連携した通行規制や自衛隊と連携した集中除雪や滞留車両の排出作業を実施。
  • また、滞留車両乗員への支援として、自衛隊、福井県、坂井市及びあわら市と連携し食料、水、簡易トイレ等を配布。

「今冬発生した大規模な車両滞留等について」(国土交通省)
※https://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/toukidourokanri/pdf05/01.pdfを加工して作成

立ち往生すると困るのは

  • 車内の冷え
  • 食料
  • トイレ

この3つが大きく挙げられます。冷えは防寒着で対応でき、食料はある程度我慢することも可能です。しかし、トイレについては生理現象のため、我慢することができません。並んでいる車の外で用を足すこともできず、近くにトイレ設備がある施設がなければ、どうにも対処しきれず困ってしまうこととなります。

簡易トイレは必ず備えるべき

雪の影響で車が立ち往生してしまったときに備えて、簡易トイレを用意しておくことが大切です。外に出てトイレに行ける場所であれば良いですが、高速道路や山奥などでは、近くにトイレがない場合もあります。
また、トイレがある場所においても、同じ立ち往生をしている人達が行列を作り、なかなかトイレまでたどり着けないという事態も考えられます。その場合は、車内でトイレを済まさなければいけないため、簡易トイレの重要性が分かるのではないでしょうか。特に寒い時期は、トイレを我慢することは辛いです。
万が一に備えて、秋口から簡易トイレを準備、すでにお持ちの方は点検しておくのが賢明です。

法人様の「車で使える簡易トイレ」
お問い合わせ・お見積もりはコチラのフォームから

個人のお客様の「車で使える簡易トイレ」
ご購入はコチラのマイレットショップから

「簡易トイレ」と「携帯トイレ」の違いについて

トイレの備えでよく聞く、「簡易トイレ」と「携帯トイレ」ですが、両者の違いは、便器の有り無しです。簡易トイレには便器がついていますが、携帯トイレには便器がついていません。
車内で使用することを前提としているので、便器がついた簡易トイレの備えをおススメしていますが、すでに簡易トイレをお持ちで、トイレ処理キットがなくなってしまった方は、携帯トイレ(トイレ処理キットのみ)を買い足すと経済的です。
なお、携帯トイレには小用専用の物もあるので、立ち往生に備えるのであれば、大便・小便両方に対応している物を選ぶとよいでしょう。

車内で使えるマイレットの「簡易トイレ&携帯トイレ」

雪による車の立ち往生は、めずらしいことではありません。毎年必ずといっていいほど起こることですので、備えて損はありません。立ち往生が発生してしまうと、トイレがない場所で長時間過ごさないといけないことがあるため、簡易トイレを準備しておくことで安心材料にもなります。
マイレットは、大便・小便兼用で車内でも用が足せるトイレ処理キットです。排便袋に用を足した後は、凝固剤をかけて素早く固める仕組みとなっています。固めることでニオイや雑菌の繁殖を抑えることができ、そのまま可燃ごみとして処理することができます。
寒い中、外で人目を気にしてトイレをする必要がありません。また、トイレを我慢するために水分を控えようとすると、脱水や体調不良にも繋がります。ストレスを貯めないためにも、もしもの時のお助けグッズは用意しておきましょう。

組み立てトイレキット「POTON IV(ポットン)」

トイレ処理セットに車のシートで使える、組み立て便器と目隠しポンチョがセットになった、便利な簡易トイレです。

  • 内容物
    • 抗菌性凝固剤(7g):10袋
    • 排便袋(PE製黒):10袋
    • 組立便器(PP製):1個
      • 組立便器 耐荷重:約300kg
      • 組み立てた便器のサイズ:約W300×D275×H110mm
    • 目隠し用トイレポンチョ:1個
      • ポンチョを広げたサイズ:約W1000mm×H1195mm
      • ポンチョ本体色:シルバー
  • パッケージサイズ:約W235×D50×H310mm
  • 重量:約600g

法人様の「POTON IV(ポットン)」
お問い合わせ・仕入れの相談・お見積もりはコチラのフォームから

個人のお客様の「POTON IV(ポットン)」
ご購入はコチラのマイレットショップから


ドライブトイレセット「CAR-NI(カーニ)」

ひと箱に車の必需品、ウェットティッシュ、トイレ処理セット、ポンチョ、マスク、ティッシュの5品をセットしました。コンパクトなパッケージの携帯トイレなので、携帯便器をお持ちの方や、簡易トイレのトイレ処理キットの買い足しにおススメです。

※携帯トイレのため、便座は付属しません。
※お手持ちの携帯便器・簡易トイレでご利用の場合はサイズをあらかじめご確認の上お買い求めください。
※カーニに付属するトイレ処理セットの排便袋サイズは、約W650mm×H500mmです。

  • 内容物
    • ウェットティッシュ:1個
    • トイレ処理セット マイレット(5回分):1個
    • 目隠しマイポンチョ:1個
      • ポンチョを広げたサイズ:約W980mm×H1180mm
      • ポンチョ本体色:ブラック
    • 使い捨てマスク:3枚
    • ポケットティッシュ:2個
  • パッケージサイズ:約W215mm×D125mm×H60mm
  • 重量:約350g

法人様の「CAR-NI」
お問い合わせ・仕入れの相談・お見積もりはコチラのフォームから

個人のお客様の「CAR-NI」
ご購入はコチラのマイレットショップから

最小限の防災用品を揃えて置くことが大切

雪による車の立ち往生は、最悪の場合解消するまでに数日かかるケースもあります。その間、燃料切れになってしまうと、暖房が切れて体が冷え切ってしまいます。また、近くのコンビニなどの食料が品切れ状態になってしまうこともあるため、物持ちのよい食糧も併せて備えておくべきです。
簡易トイレは、冬場の車移動に欠かせない必需品です。誰でもおこりうるという認識を持って、最低限の防災用品を備えておきましょう。
また、豪雪地域の人であれば、ある程度防災用品を備えている人も多いと思いますが、スキーやスノーボードなどで雪の地域へ旅行に行こうという人も要注意です。あまり雪が降らない地域の人は、雪による立ち往生を経験したことがなく、安易に考えてしまっているかもしれません。万が一の時に後悔しないためにも、車に備えておくことをおすすめします。

お問い合わせ・お見積もり・ご購入について

法人様のお問い合わせ・仕入れのご相談・お見積もりは「マイレット公式サイト お見積もり・お問い合わせ」フォームからお気軽に連絡ください。

個人のお客様の商品ご購入、お問い合わせはマイレットショップをご利用ください。

この記事をシェアする