トイレと一緒にトイレットペーパーも備蓄しましょう。

前回のブログ記事(企業防災カテゴリー/BCP(事業継続計画)の必需品、「備蓄トイレ」ではトイレの備蓄について紹介しました。
今回はトイレットペーパーの備蓄について紹介します。

トイレットペーパーの備蓄が必要な3つの理由。

日用品の備蓄で、トイレットペーパーは備えていますか?
経済産業省ではトイレットペーパーの備蓄を推進しています。

  1. 阪神・淡路大震災において、被災者が最も困ったのは食料でも衣服でもなくトイレ不足。
  2. 東日本大震災では、被災地のみならず全国的にトイレットペーパー不足が発生。
  3. トイレットペーパーの約4割は静岡県で生産。→東海地震等が起こると深刻な供給不足となるおそれ。

出典:経済産業省ウェブサイト
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/paper_consumergoods/sozai28.pdf

災害用トイレがあっても、トイレットペーパーがなければトイレは使えません。
トイレを備蓄するときは一緒にトイレットペーパーも用意しましょう。
芯なし、長尺トイレットペーパーだと省スペース化が図れます。
弊社では備蓄用長尺トイレットペーパーをご用意しています。
真空パックによる耐水化、長期保管が可能で、再生紙100%の日本製です。
マイレットと合わせていかがでしょうか?

商品情報

長尺トイレットペーパーに真空パック加工を施し、耐水ケースに入れてお届けします。
  • マイロール 255
  • 長尺トイレットペーパー:30個
  • サイズ:約W620×D375×H260mm
  • 重量:約14kg
  • 保存期間:約10年

1ロール
シングル巻、芯なし、1ロール255m
サイズ:約W107×直径120×芯径36mm
重量:約440g

特徴1
通常の60mシングル巻のトイレットペーパーと比べるとロールの幅はほぼ同じなのに長さは約4倍。

特徴2
備蓄スペースの節約

<500人分の備蓄に必要な量>
500人×5回(1人1日あたりのトイレ回数)×1m(トイレ1回あたりのペーパー使用量)×3日=7,500m

一般的なトイレットペーパー(60m巻) 125個
マイロール255(255m巻) 30個

特徴3
耐水・耐湿、長期保存が可能。

トイレットペーパーをアルミフィルムで真空パックするので、水や湿気に強く、長期10年保存が可能です。
長期保管の問題(箱潰れやカビなど)から中身を守る耐水・耐湿ケースに入れてお届けします。


トイレの備蓄でお困りの防災ご担当者様、お気軽にご相談下さい。
マイレットのメーカー、まいにち株式会社では
専門のスタッフ(防災士)がご対応致します。
以下のお問合せフォームよりご連絡下さい。

マイレット公式サイト お見積り・お問合せ フォーム


マイレットについて、さらに詳しく知る
マイレット公式サイト 「マイレットとは?」
https://mylet.jp/about_mylet.html


災害用トイレについて、さらに詳しく知る
マイレット公式サイト 「災害用トイレとは?」
https://mylet.jp/disaster_toilet.html


マイレットの商品一覧を見る
マイレット公式サイト 「商品一覧」
https://mylet.jp/product/product_index.html


マイレットの納入実績を見る
マイレット公式サイト 「 納入実績 」
https://mylet.jp/delivery_record.html


自宅用(個人用)にマイレットを購入する
公式通販サイト「マイレットショップ」
https://shop.mylet.jp/




この記事をシェアする

BCP(事業継続計画)の必需品、「備蓄トイレ」

BCP(事業継続計画)策定の現状

内閣府/平成29年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査結果(概要)
1.BCPの策定状況(企業規模別)より
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kigyou/topics/pdf/h29_gaiyou.pdf

内閣府(防災担当)が発表した「企業の事業継続及び防災に関する実態調査」では現状、未だに大企業の約4割、中堅企業の約7割がBCP策定を施していません。
昨今、災害が多発している状況から災害時を想定し対策を練ることが現代社会の企業に求められる物の一つと言えます。

BCP(事業継続計画)策定の必要性

対策を怠ると災害発生時での事業復旧、継続が困難です。
従って、災害時の備蓄を確保が急務。

災害時のトイレを忘れずに!

内閣府/避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン(平成28年4月)より
http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/pdf/1605hinanjo_toilet_guideline.pdf

上記グラフは東日本大震災で仮設トイレが被災地の避難所に行き渡るまでに要した日数です。3日以内に仮設トイレが到着した自治体はわずか34%。最も日数を要した自治体は65日もかかっています。
また、過去の災害でのライフライン(電気・水道・ガス・下水道等)が復旧するまでの日数は以下の通りでした。

熊本地震(2016.4)ライフライン復旧日数

・電気:約1週間
・ガス:約2週間
・水道:約3カ月半

総務省/平成29年版 情報通信白書
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc152120.html
図表5-2-1-2 東日本大震災と熊本地震の特徴の比較
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/image/n5201020.png

北海道胆振(いぶり)東部地震(2018.9)
ライフライン復旧日数

・ガス:被害なし
・電気:約6日
・水道:約1ヶ月

内閣府/平成30年北海道胆振東部地震に係る被害状況等について
http://www.bousai.go.jp/updates/h30jishin_hokkaido/index.html
抽出、編集しました。

停電や断水、災害による配管や下水処理施設に被害があると水洗トイレの水が流せなくなります。 水・食料等と一緒にトイレも備蓄しましょう。

備蓄トイレを選ぶ重要なポイント!

値段だけでチョイスするのはナンセンスです。災害時、使った後の事も考えましょう。

災害時は衛生環境が悪化します。「マイレット」で使用している抗菌性凝固剤は、皮膚刺激性試験、経口毒性試験、抗菌試験、品質保持試験といった各種試験を第三者機関で行い、安全性を確認しています。

マイレット抗菌性能検査  大腸菌(Escherichia coli)への抗菌性能

排泄物には感染症の原因となるアンモニア産生菌、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌等の菌が多数存在します。放置しておくと食中毒や二次感染を引き起こす危険性があるので、災害用トイレには抗菌力が必須です。
マイレットは菌を抗菌することによってニオイのもとを封じ込めるので排泄物のイヤなニオイも取り除きます。

BCP(事業継続計画)の必需品、
備蓄トイレは「マイレット」

トイレの備蓄でお困りの防災ご担当者様、お気軽にご相談下さい。
マイレットのメーカー、まいにち株式会社では
専門のスタッフ(防災士)がご対応致します。
以下のお問合せフォームよりご連絡下さい。

マイレット公式サイト お見積り・お問合せ フォーム



マイレットについて、さらに詳しく知る
マイレット公式サイト 「マイレットとは?」
https://mylet.jp/about_mylet.html

災害用トイレについて、さらに詳しく知る
マイレット公式サイト 「災害用トイレとは?」
https://mylet.jp/disaster_toilet.html

マイレットの商品一覧を見る
マイレット公式サイト 「商品一覧」
https://mylet.jp/product/product_index.html

マイレットの納入実績を見る
マイレット公式サイト 「 納入実績 」
https://mylet.jp/delivery_record.html

自宅用(個人用)にマイレットを購入する
公式通販サイト「マイレットショップ」
https://shop.mylet.jp/


この記事をシェアする